1円でも高く!バイク買取必勝法

バイクの寿命はどのくらい?

そろそろバイクの買替時、寿命かな…と、考えるタイミングはいつですか?
車では、「10万キロ走ったころが目安」と言われますが、バイクはどのくらいでしょうか。

 

1つの目安は、3万〜4万キロ。
このころになると部品交換など、けっこう大がかかりなメンテナンスが必要になります。
そのタイミングが、最初に買替を検討する時期でしょう。
さらに乗り続けるなら、チェーンやブレーキパットの交換、リア周りのオーバーホールが必要です。

 

ただ、買い取りに出すなら、走行距離が1万キロを超えたバイクは値段が下がります。
バイクは露出している部分が多いために傷みやすく、走行距離は車の10倍と考えると良いそうです。
つまり1万キロ走ったバイクは、車でいえば走行距離10万キロに相当するということです。
バイクの傷み具合は、走行距離や年式だけでは測れません。ふだんのメンテナンス、保管方法の方が大きく影響するでしょう。
オイル交換など小まめな手入れを心がけていれば、5万キロ走ることもできます。

 

反対に整備が行き届いていなければ、2万キロでも不具合が出るでしょう。
愛着のあるバイクを寿命がくるまで乗りつづけたいという人はもちろん、できるだけ高く買取ってもらい、次のバイクを買いたいという人も、メンテナンスが重要です。

バイク査定情報