バイク査定は好印象がカギ!

バイク査定は好印象がカギ!

バイクを少しでも高く売るには、査定の時の印象が大事です。
できれば軽く洗車をしておきましょう。

 

汚れていても査定額には関係ないという買取業者もいますが、ふつうは印象がアップします。
汚れや錆はついていない方が良いのですが、傷やへこみ、はがれた塗装は直す必要がありません。
買い取られた後に修理され、その金額も込みで査定されるからです。
自費で直してから査定に出すと、修理費の方が高くつきます。
エンジンの不具合などもおなじです。

 

もし、バイクをカスタムしたなら、カスタム前の純正パーツは保管しておくのがおすすめです。
純正パーツがある方が、査定額がアップします。
純正パーツを含め、バイク購入時に合ったもの、ついてきたものは保管するのが基本。
保証書や取扱説明書もあれば、さらに印象アップです。
1つ注意したいのは、事故や転倒による傷、修理歴を隠さないことです。

 

外見からは分かりにくい不具合でも、プロはすぐに気づきます。
信頼関係が築けないと、他にも隠していることがあるのではないか…と思われてしまいます。
それよりもバイクに関する情報をすべて伝えた方が、スムーズな査定につながります。
バイクは購入から時間がたつほど査定額が下がります。
モデルチェンジ後は、さらに下がるので、買取を考えているなら早目の見積もりを依頼してください。